メタトレーダー愛好家

FXで前向きに損をする

 FX取引は通貨を銘柄にし、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、その為替差損益を求めていく投資取引になります。

投資の仕組みを簡単に説明すると、例えば日本の円でアメリカのドルを一定量買っておき、為替レートの変動でその価値が変わったところでそれを売り、その差額を求めるというものになります。
ちなみに、FXでは双方向の取引きが可能ですので、アメリカのドルで日本の円を買って売るという事ができるため、ドル高円安でも、ドル安円高のどちらの相場でも利益を出すことができる投資取引になります。

FXでは、為替レートの変動が利益と損失を決定するカギとなっており、この変動の如何によっては、一回の取引で大きく利益を得られる、例えば1ドル100万円で買っていたドルの価値が200万円になる場合や、一回の取引きで大きな損失を被る、例えば1ドル100万円で買っていたドルの価値が100円になる場合などもあるわけです。

またFX取引では、レバレッジというものを使うことが一般的で、取引業者に預けている証拠金を元に資金を借り、手持ちの投資金よりもはるかに大きな規模での取引きを行うことができるようになっています。
この仕組みにより、小さな値動きの為替相場でも短期間で充分な利益を出したり、少ない資金でも投資に参加できるなどの多くの利点を得ることができるのですが、これは同時に小さな値動き、小さな投資でも大きな損失を背負うという可能性を高めています。

こうした事で、為替レートの動きは利益を生みだす嬉しいものであると同時に、損失を被らせる恐ろしいものでもあるわけです。

しかしながら、我々投資家にも光明はあります。
この為替レートと損失に対するリスクに対しては充分な対策方法があり、これを用いていけば、リスクを避けて利益を得て行くことができるのです。

それは、損失をしっかりと理解し、これが小さいうちに自らで損失を取り込む、つまり、前向きに損をするということになります。
これを投資取引では「損切り」と言っているのですが、実はすべての投資では、この損切りをどれだけ丁寧に、細かく、揺るぎなく行えるかどうかが、利益を上げられるのか、そしてそれを大きくしていけるのか、という重要なポイントになっているのです。

例えばですが、投資家は為替レートに対して、その動きを利益が大きくなる方へと変動させることはできません。
我々は、利益に対して、それが大きくなることを祈りながら、ただただ待つことしかできないのです。

ところが、損失に関しては違います。
これから受けるであろう数万、数十万という巨大な損失を早期に発見して、大きくなる前に自らこの投資を放棄して損失を取り込み、そうしたリスクを回避することは誰にでも可能な事であり、決済注文を一つ入れるだけで済むという極めて簡単な操作で、それは達成できるのです。

投資取引で勝つという事は、一回ごとの取引きでの成功と失敗をさして言うのではありません。
持っている資産が、最終的に増えているか、減っているかでその勝ち負けが決まります。
ですので、損失はなるべく小さく取り込み、資金を長く使って投資の回数を増やし、その中で大きな利益を掴むチャンスを生かし、そこで得た利益を元に損失を小さくしながら取引きを継続していき、また大きな利益を掴む。この「利大損小」という考え方を持つことが大切なのです。

しかし、それがなかなかできないのも、投資取引の難しいところであるのは、多くの投資家が資産を減らしたり失ったりしていることからして、充分に推測し得る事実です。

ではなぜ、人は損切りができないのでしょうか。
それは人には感情と想像力があり、それが冷静な判断力と強い決断力を失わせてしまうからです。

例えば、100万円で買ったドルの価値が、為替レートの変動で50万円になっていたらどうでしょうか。
50万円の損失を自ら確定させるのは、悔しさや残念な気持ちになるため感情的に難しく、さらに、ここまで変動しきた為替レートが、そのまま反転して値戻しをすれば50万円の損失を負わなくて済むどころか、逆に50万円の利益が出るかもしれない、と考えてしまえば、損切りなど行えなくなってしまうのです。

また、これまでに経験した事実も、時にこの損切りの邪魔をします。
例えば、50万円の損失が怖くて、100万円で買ったドルの価値が99万円になったところで、損切りを実行したとします。
しかしその損切りを行った次の瞬間から、為替レートが伸びていき、そのまま保持していたら100万円の利益が出ていた、というような事を目の当りにしたら、次に100万円でドルを買い、99万円になったときに、果たして同じように損切りが行えるものでしょうか。

このように、損切りは簡単に行えるものなのですが、その判断は難しく、多くの投資家が判断を誤り、思うような資産運用が行えない、損失が出て資産を減らした、というような事が多くあるのです。

しかしながら、前向きに損をする損切りは、投資取引きには大切なことになりますので、投資取引を繰り返していきながら、自身の適切な損切りのラインというのを持つことが、大事になりますので、まずは利大損小をめざして取引きを行っていきましょう。